愛知県知多郡東浦町「ホワイトベアーズ」新実監督インタビュー|中学軟式野球クラブチーム

目次

愛知県知多郡東浦町「ホワイトベアーズ・ベースボールクラブ」新実監督インタビュー

折角のゴールデンウイークの際に昨年もお邪魔した愛知県への取材を計画しました。

春の大会で取材させていた「知立ノースクラブ」の野畑監督さんにチームをご紹介いただき、軟式クラブチームを取材いたしました。

愛知県は日本の中でもベスト3に入るほど中学軟式野球のクラブチーム数が多く、レベルも高い場所で、昨年も多くのチームを取材しております。

ですので、今回も楽しみにして愛知県まで行ってきました。

東京から日帰りの取材でしたが、新実監督さんが出迎えていただき、また当日は他の指導者の方がベンチに入っていただく事が出来たので、バックネット裏でゆっくりと取材を行う事が出来ました。

今回の撮影は:  愛知県東浦町: 東浦西部グラウンド

愛知県の知多半島道路で東浦知多インターチェンジで降りてから5分ほどの2面グラウンドがあるアクセスのよい球場です。この日は軟式のクラブチーム同士の大会が行われている中での取材になりました。

ホワイトベアーズ・ベースボールクラブ
地域 愛知県知多郡東浦町
所属リーグ 軟式野球連盟
設立年月日 調査中
監督・スタッフ 監督:新実雅朗氏 代表:菱田氏
チームの人数 3年5名 2年17名 1年18名
練習グラウンド  東浦町西部グラウンド・室内練習場あり
練習日 火・水・木曜日18:30~21:00  土日:8:00~18:00
チームの特徴 保護者は試合の送迎のみ

インタビュー後記

この時のインタビューは、新実監督が指揮をとらず、新実監督の高校での恩師の方が指揮を執っており、監督からゆっくりとお話を聞くことが出来ました。

長い間監督ををしている中でお仕事の関係でお休みした期間ももあるそうですが、ここまでチームを引っ張ってこられたのは新実監督の指導力だと思います。

部員も自然体で真剣な中にも野球を楽しんでいる雰囲気が出ているチームでした。

愛知県は中学軟式クラブチームが盛んな地域で、現在でも多くのチームが存在してリーグが行われており去年も「ラハイナオーシャンズ」を含む何チームか取材がありましたが皆さん情念つのある方ばかりでしたね。

大会には多くの中学軟式野球クラブチームが出場しているのですが、残念ながら純粋な中学軟式クラブチームは全国的に見るとあまり多くありません。

あと数年で週末の中学クラブ活動が制限されることになり、中学軟式クラブチームの一層の活躍が期待されているのではないでしょうか?

 インタビュー内容

長瀬:最初に監督さんのお名前とチームよろしくお願いします。

監督

ホワイトベアーズ・ベースボールクラブといいます。名前は新実雅朗と申します。

長瀬:中学校のクラブチームの監督さんですね?

監督

はい。

長瀬:普段の練習場所はどちらでしょうか?

監督

今こちらなんですけれど、東浦町の西部グラウンドというところでほぼ活動しています。ホームグラウンドです。

長瀬:監督さんに就任されたいきさつを教えていただけるでしょうか?

監督

25年位前ですかね、中学校の方が部活をあまり積極的にやっていないという事で、地域で野球を教えてくれないかという要請があったことがきっかけになります。

長瀬:最近の主だった成績を教えて下さい。

監督

主だって成績はあまりないですが。。(笑)それほど全国にも行けてないですし

長瀬:チームのスローガンを教えて下さい

監督

野球人の前に一生徒、人間という生活習慣を大事にするという事です。

長瀬:月々の部費はどのくらいですか?

監督

6000円になります。

長瀬:合宿ですがこれから予定はされていますか?

監督

そうですね、春に1回、夏に1回程度です。

長瀬:普段の練習時間はどのくらいですか?

監督

平日の火、水木が夜間練習とういことで室内練習所がありますので18:30分から21:00が3日間、それから土日祭日が朝8時から夕方18時位までですね。

長瀬:室内練習場は借りてやっておられるのですか?

監督

そうです、借りるというかご厚意で貸していただいています。

長瀬:チーム独特の練習方法はありますか?

監督

独特の練習は基本練習のキャッチボール、ゴロ捕球、それからスイングサーキットそんな感じですかね。

長瀬:チーム出身者でで高校・大学などで活躍されている方はいますか?

監督

あの大学ですと福井工業大学だとか、その辺りに行っていただいた選手がいましたね。

長瀬:体験参加、子供たちを集める活動はどのようにしていますか? 

監督

インターネット上で募集の用紙をアップするくらいで後は特に主だった活動はしていません。

長瀬:体験会みたいのはやられているのですか?

監督

自由に参加してその用紙に書いてあるので、もう8月くらいから練習日に3人来たりとかです。

長瀬:学童野球の監督と話をするとかはありませんか?

監督

ほぼありませんね。

長瀬:中学生のクラブチームという事で学校の部活との両立はいかがでしょうか?

監督

中学校の野球部に入ってい子は若干いますね。でも平日の練習のみで中学校としては登録せずにホワイトベアーズとしてという形をとっています。

長瀬:ホワイトベアーズとの兼部がダメな中学校もあるのでしょうか?

監督

ありますね。

長瀬:監督をしていて良かったことは?

監督

やはり子供達から色々楽しみを与えてもらっている事良いですかね? 本当にかわいいです。

可愛くてしょうがないです。

長瀬:今年立ち上げたチームという事でこれからどんなチームにしていきたいですか?

監督

野球の成績としては全国大会を目指す事ですけれども、やはりお父さんお母さんに感謝して家の仕事と勉強もしっかりやれる、そんなチームが僕は理想です。

長瀬:やはり全国大会の出場はモチベーションが上がりますか?

監督

やはり上がりますね。

長瀬:これから試合という事でこれからのご活躍も期待しています。ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次