東京都足立区 「足立ウエーブ」皮籠石監督インタビュー|中学軟式野球クラブ

今回は、以前インタビューをお願いした綾瀬野球クラブの沢辺監督からご紹介を受けた同地区のクラブチーム「足立ウエーブ」の皮篭石(皮籠石)監督のインタビューになります。

 

足立区は中学軟式の野球チームが多く、足立区内の中学生同士の試合が多くあり大会も盛んです。また、荒川の河川敷には多くのグラウンドがありますので都内でも屈指の学童・少年野球が盛んな地域と言えます。

 

中学軟式クラブチームは全国的に見れば少ないのですが、部活での野球が縮小する今、クラブ組織の野球チームは将来的には大切な存在になると思います。

 

今回の撮影は:  東京都足立区 五反野野球場

足立区足立二丁目51番地先・左岸 最寄り駅:東武伊勢崎線「小菅駅」3分

千住新橋のたもとの2面の野球場です。首都高速中央環状線の下の道路から千住新橋へ渡る道路をUターンする形で河川敷に入るのですが、分かりにく間違えると千住新橋を渡ってしまうので注意が必要です。 駐車場は予約した利用者のみの利用可能です。日陰もあるので比較的、居心地のよい河川敷球場です。

 

 

 

東京都足立区 足立ウエーブ
地域  東京都足立区
所属リーグ  足立区東部リーグ
設立年月日  約20年
監督・スタッフ  皮篭石監督(9年目)  
チームの人数  3年8名 2年7名 1年16名
練習グラウンド  足立区五反野グラウンド・中川グラウンド他
練習日  土日祭日
その他  年間の試合数:50~70試合 保護者のお手伝い:必要

インタビュー後記

皮篭石監督、若いOB監督という事で練習をしている時も選手ととても近い雰囲気を感じました。

 

若い監督さんですが9年の監督歴がある方なので、インタビューの中で最近の選手に対する対応の難しさを話しておりました。

 

9年間でも子供はずいぶん変わってきているという事で、やはり10年すると子供の対応方法も変えていかなければならないという事なのでしょうか?

 

学童軟式から、中学軟式、中学硬式のチームなど多くを取材していますが、中学軟式野球チームはチームの個性がとても出ているカテゴリーだと感じています。

 

その分だけチーム選びにはいろいろな情報を集めて選ぶ必要があると思います。

 

インタビュー内容

長瀬:チーム名・監督の名前を教えてください

 

皮籠石監督
はい皮籠石欣二 です チーム名は足立ウェーブです 。

 

長瀬:監督就任のいきさつを教えてください

 

皮籠石監督
自分自身が足立ウエーブ出身で、で監督になった経緯はチームの代表である鈴木勝美さんが高校、母校の流経大柏(流通経済大学付属柏高等学校)に入学させて頂いて卒業した後に恩返しとして監督になることになりました 

 

長瀬:最近の主だったチームの成績はいかがですか?

 

皮籠石監督
今年はなかなか結果が出ていないんですが去年はリーグ優勝、足立区の大会では決勝まで行って準優勝、ベスト4まで勝ち上がるこ事が出来ました。

 

長瀬:チームの方針・スローガンを教えてください

 

皮籠石監督
やはり基本的には上手くなるという基本以前の問題で、やはり礼儀や挨拶基本をしっかり行ってこうかなと思います 

 

長瀬:部費を教えてください

 

皮籠石監督
4000円です

 

長瀬:合宿は行っていますか?

 

皮籠石監督
ここ2年できてないんですがこの3年前までは茨城県の常陸太田でやってました 

 

長瀬:練習日を教えてください

 

皮籠石監督
土日です

 

長瀬:チーム独特の練習、トレーニングはありますか?

 

皮籠石監督
はいチーム独特の練習とかトレーニングトレーニングとかはないんですけど、体幹を鍛えるっていうこともあってます。

怪我しないように練習させつもりなんですけどやっぱり体が小さい子もいてけがをすることが多いかなと思うんでその辺はやっぱり体力をつけて怪我をさせないようにしていきたいです

 

長瀬:チーム出身で高校・大学で活躍された選手はいますか?

 

 

皮籠石監督

今年ちょうど今年の夏東東京代表で二松学舎大学でキャッチャーとして出場した OB が1名います

 

長瀬:卒団生は高校で野球を続けていますか?

 

皮籠石監督
選手に任せてるんですが、全員が続けるって事はやっぱり監督やってからは勉強の方もあるんで、全員続けるって事はないんですが、続ける子が大半です。

 

長瀬:どのようにして選手を集めていいますか?

 

皮籠石監督
特に活動はしていませんが、横のつながりでチームの知り合いの方だったりやっぱりいろんな学童から上がってきてるので、その学童の子供の OB 会スタッフの人たちに声をかけてもらって体験をこちらの五反野グランドでやってる感じです。

 

長瀬:例えば特定の中学や学童チームから入ってる傾向はあるのでしょうか?

 

豊田監督
新しく色々なチームから来る事が多くなりました。

 

 

長瀬:ホームページは掲載していますか?

 

皮籠石監督
はい問い合わせとかあります そんなに多くはないのですが。

 

長瀬:監督をして良かったことはなんでしょうか?

 

皮籠石監督
やっぱりあの感謝をしっかりするっていうのをやっぱり忘れないっていうのを子供達にも言い聞かせているので、1年生で入った時から初めて入った時から3年生卒部する時に見比べると、しっかり大人に近づいたからっていうところを感じるところが多々あります

 

長瀬:監督として悩んでいることはありますか?

 

皮籠石監督
そしてやっぱり今ちょっと子供達に監督始めますがスタッフが強く言えない部分が増えてきて、ちょっとその部分で選手達にどう考えて野球をやらせるか、練習に取り組ませるかちょっと悩みどころもあるのですが、野球を楽しんでしてもらう事が ベストかなと考えています。

長瀬:これからどんなチームにしていきたいと考えていますか?

 

 

皮籠石監督
これからは特に変わりはないんですがやっぱり挨拶だったり、大人になっていも礼儀を忘れないようにここでこの3年間で培っていただきたいなと思います。

長瀬:これから試合があるんでしょうか ?

 

 

皮籠石監督
今は秋の大会始まって大会が2つあります。リーグ戦があと7試合に来てるんですはいそれを頑張っていきたいと思います。

 

長瀬:これから大会が続くと思いますが、頑張ってください。今日はありがとうございました。

 

 

*ベースボール・ジャパンではインタビュー可能な監督を募集しております。現在、取材。日は土曜日で関東地方が中心ですが、祭日でしたら他の地域もも可能な日がありますので連絡をお待ちしております。ねん

LINE登録

目次
閉じる