神奈川県横浜市 横浜メビウスベースボールクラブ 常盤監督インタビュー

昨年に続きIBA-Boys主催の第22回全国中学生軟式野球大会が千葉県柏市の柏の葉公園野球場で行われました。

 

昨年は16チームの参加でしたが今年は中体連のチームの出場が無い事、大人の新型コロナウイルスの抗体検査などがあり4チームでの大会となりました。ちなみに昨年は京都府の「東山ライダーズ」が優勝しております。

 

今回は以前から大会ではお見かけしていたのですが、チャンスがなく初めてインタビューをお願いした「横浜メビウスベースボールクラブ」です。

 

インタビューを行う前に、チームの案内や情報など印刷物でしっかり頂きメビウスというチーム名は「メビウスの輪」で有名なドイツの天文学者の名前から、無限の進化 という思いから名付けられたそうです。

 

インタビューに内では触れていませんでしたが5つのチーム方針が掲載されていました。

 

1.全員が平等な環境で練習を行う
2.複数のポジションを経験させる
3.勝つ野球と全員出場を目指す
4.学生らしい人間形成を図る
 5.基本は土日祝日のみの練習で文武両道を可能とする

 

今回の撮影グラウンドは千葉県柏市 柏の葉公園野球場

プロの試合もあるスタンド付きの野球場です。大きな大会なども開かれる場所です。

横浜メビウスベースボールクラブ
地域  神奈川県横浜市
所属リーグ  全日本軟式野球連盟(横浜野球連盟戸塚支部) IBA-Boys
設立年月日  2015年3月
監督・スタッフ  常盤雄一郎監督 小仲井一弥代表
チームの人数  3年 5名 2年 4名 1年8名 合計17名
練習グラウンド  横浜市中区海釣りグラウンド他、横浜市内、平塚市、寒川町
その他  年間50試合  保護者の当番なし 月会費5000円

インタビュー後記

ちょうどバスで球場に到着して、直ぐのインタビューでした。

 

この時にはお聞きしなかったのですが、何もリハーサルなしのインタビューでとても分かり易く喋っていただき、多分人前でよく話をされ方なのだとお見受けいたしました。

 

チームの歴史は6年ですが、学童野球の指導も長くされていた方ですので経験豊かな監督さんで子供たちが卒団後も野球が好きでいた欲しいとの思いが感じられました。

 

私が頂いたチーム紹介のインフォメーションにも自分のチームの事だけでなく、横浜、神奈川県全体の軟式クラブチームの事にも触れてあり中学生になるお子さんを持つ保護者の方々にとても分かり易い手引きだと感心いたしました。

 

また、子供たちが野球を好きで長く続けることが出来る環境作りに努力されているチームだと感じます。

 

これから中学生になる保護者向けの情報ににとても役に立つ情報があり入り折角ですのでシェアさせて頂きます。
神奈川県には17チームの中学軟式クラブチームがあり横浜市には6チームあるそうです。また全国中学軟式のナンバーワンを決める大会は毎年8月に横浜市で開かれています(私も良くお邪魔しました)

戸塚区 横浜メビウスベースボールクラブ
泉区 横浜泉ベースボールクラブ
都筑区 横浜ベースボールクラブ サムライ
鶴見区 横浜WEEDS
青葉区 Baseball Club YOKOHAMA
中区(港南区) 横浜ブレイヴ

ちなみにこれから掲載予定のクラブもございます。
 

*ベースボール・ジャパンではインタビュー可能な監督を募集しております。現在、取材日は土曜日で関東地方が中心ですが、祭日でしたら他の地域もも可能な日がありますので連絡をお待ちしております。

LINE登録

友だち追加
目次
閉じる