東京都江戸川区「葛西ファイターズ」中学部 川井監督インタビュー

今回も私のツイッターへ連絡いただき、監督インタビューが実現しました。


東京都江戸川区の「葛西ファイターズ」の中学部川井貴彦監督です。江戸川区は多くのチームのインタビューをお願いしてきたのですが、葛西ファイターズさんは初登場です。

 

葛西ファイターズは学童・中学部がある軟式クラブチームです。

 

都内のは少し前まで、学童・少年と両方あるチームが少なからずあったのですが、現在はずいぶんまずが減ってしまいました。

 

その中でも江戸川、大田区などのチーム数が多い地域には、まだまだかなりの数の学童・超額の合同チームが活躍しています。

 

今回も、少年・学童両方の監督さんにインタビューをお願いしましたが、まず最初に中学の監督の紹介をいたします。

 

川井監督は就任2年目、自分のお子さんがチームに在籍していた事から、推薦されて監督を受けられたそうです。

 

今回の撮影グラウンドは江戸川区宇喜田公園スポーツ広場

江戸川区の西葛西駅の近くの船堀街道沿いにあるスポーツ広場と一緒になっている野球場。有料駐車場が隣なので分かりやすく、アクセスが良い場所でした。

今回は学童部の練習試合会場にお邪魔したので写真はございません。

葛西ファイターズ    撮影場所 :
地域  東京都 江戸川区
所属リーグ  江戸川区学童少年軟式野球連盟・葛西少年野球連盟
設立年月日  1990年 設立
監督・スタッフ   川井貴彦監督(2年) コーチ15名
チームの人数  3年3名 2年12名  合計15名
練習グラウンド  宇田川公園スポーツ広場・中央公園グラウンド
その他  出身学童チーム 葛西ファイターズ、しらさぎ

インタビュー後記

今回は葛西ファイターズの学童部の練習試合の会場でのインタビューでしたので、多くの保護者の方や学童部の各クラスの監督も集まった会場でのインタビューでした。

 

多くの方々が集まっているのは歴史のあるチームと言うだけでなく、学童野球から葛西ファイターズという子供達も多いそうですので、必然的にチームのまとまりも出てくるのではないでしょうか?

SDGs関して

インタビューの中でチームとしてSDGsの考え方に賛同するとい事を言われていました

 

SDGs」を自分たちのチームの実際の活動に落とし込んで、なかなか、自分の生活に直結しずらいコンセプトを野球を通じて活動に取り入れているという事が印象に残りました。

 

実は、私もインタビューの際にSDGs と言われても、野球チームの監督からこのことがを聞くとは思わず、ちょっと考え込んでしまったのですが、学童や少年野球などの活動を通して、子供や保護者の方々にも行ってもらう事は、この活動を理解するにも良い方法だと感じました。

 

 

*ベースボール・ジャパンではインタビュー可能な監督を募集しております。現在、取材日は土曜日で関東地方が中心ですが、祭日でしたら他の地域もも可能な日がありますので連絡をお待ちしております。
ちなみに、費用はどのくらいかかるのですか? という質問を受けるのですが、費用はまったく掛かりません。

LINE登録

友だち追加
目次
閉じる