東京都豊島区「駒込ベアーズ」小川監督インタビュー|学童軟式野球

今回も少年野球の監督つながりで紹介していただいた、豊島区の学童野球チーム「駒込ベアーズ」の練習にお邪魔して小川監督にお話を伺いました。

 

今週からはずいぶん涼しくなりましたが、残暑厳しい土曜日の午後、東京都足立区の西新井緑地B面にお邪魔しました。すべての野球グラウンドが埋まっており、学童野球・中学野球のクラブチームが練習をしている中に、小川監督に初めてお会いしました。

 

映画「頑張れベアーズ」から命名した「駒込ベアーズ」の小川監督さんはチームの創部監督で今年で18年目ににあるベテラン監督ですが、それにしてはとても若い監督に感じました。

 

練習が昼休の間にインタビューをお願いしました。

 

今回の撮影は:  足立区西新井緑地野球場B面

荒川の河川敷の足立区側にある球場です。9面ありが西新井橋から車で入りました。駐車所からは少し遠い今所になります。この日は残暑でとても暑い午後一時頃のインタビューでした。

 

 

東京都豊島区 駒込ベアーズ
地域  東京都豊島区
所属リーグ  豊島区区少年野球連盟 
設立年月日  2003年 12月
監督・スタッフ  小川 俊夫監督・代表 18年目
チームの人数  高学年 13名 低学年:12名
練習グラウンド  西新井緑地・駒込中学校
練習日  平日・週末
メインの小学校  駒込小学校

 

インタビュー後記

今まで自分の息子さんの為に野球チームを作って指導を続けるという監督は何人かお会いしましたが、皆さんチームへの熱意はすごい方々でしたが、小川監督も負けず劣らず、チームが自分の体の一部になっている印象でした。

 

創部から18年間チームを育てて来られた監督ですので、もちろん私の質問にも打ち合わせせずによどみなく答えて頂きました。

 

豊島区は東京でいうと北側ですので、城北地区として豊島・荒川・板橋・北区な度の城北地区の学童チームのとしての交流が多いそうです。

 

今回お会いするのが初めてだったのですが、事前どこかでお会いしている雰囲気のインタビューでした。
今までいろいろな連盟や試合の抽選会や大会にお邪魔しているの、もしかしてどこかでお会いした事があるのかもしれません。

 

ユニフォームはボストンレッドソックスからおアイデアだそうです。

 

一時は関東一円を中心の取材が多く、東京都内のチームは少なかったのですが、秋口からはまた遠征も行いたいと考えております。

*ベースボール・ジャパンではインタビュー可能な監督を募集しております。現在、取材日は土曜日で関東地方が中心ですが、祭日でしたら他の地域もも可能な日がありますので連絡をお待ちしております。ねん

LINE登録

目次
閉じる