2015年 夏の甲子園 高知県代表は明徳義塾!結果と感想

2015年夏の甲子園行きを決めたのは6年連続17回目の出場となる明徳義塾となった。高知高校高知商業土佐高校などの強豪校揃いの高知県で6年連続で出場を決めたのだからやはり並みの強さではない。

 

 高知代表の高校は強い。確かに強いのだが世間一般に強さを広めたのはもしかするとアニメかもしれない。名作野球漫画「ドカベンで明訓高校のライバルとして常に登場したのが高知県代表の土佐丸高校。土佐犬を使った凶暴な練習方法を取り入れ、試合でもたびたびラフプレーを見せていた。
 
 さらに「侍ジャイアンツで登場する主人公の番場蛮は高知県の土佐嵐高校出身という設定。こちらも豪快なプレースタイルを身上とする選手で高知の荒々しさを表現していた。
 さて、今回代表となった明徳義塾の馬淵監督は現代の名将と呼んでも差し支えないだろう。松井秀喜率いる星稜高校との試合で4打席連続敬遠という球史に残る采配を取った監督としても有名だが、それも策としては正しいものだ。その馬淵監督は次期拓殖大学野球部監督候補として長い間噂されている人でもある。

f:id:baseball-birthday:20150801091335j:plain

決勝の高知高校戦!

 決勝戦は最大のライバルの一つである高知高校との間で行われた。高知高校は「二十四の瞳と呼ばれ春の選抜で準優勝経験のある中村高校を10対ゼロで下し、準々決勝ではこれまた強豪土佐高校を13対6で下した。
 
 一方の明徳義塾はややくじ運にも恵まれた感があり、決勝まで順調に勝ち上がってきた。それにしても高知商業が準々決勝で敗退したのは少し早すぎたように思える。
 決勝は明徳義塾優勢のまま試合が進む。7回終了時点で5対ゼロと圧倒的有利のまま試合が決まるかと思われたが8回裏に高知高校が怒涛の連打で一気に6点を奪い逆転。しかし9回に明徳義塾が2点を入れて再逆転。そのまま7対6のスコアで明徳義塾が勝利を収めた。
 
 現代の名将馬淵監督が今年はどんな野球を見せるのか?それが一番の注目ポイント。チームをどのように動かすか、策士としての采配を今年も注目だ。

LINE登録

友だち追加
目次
閉じる