東京都江戸川区 小学生軟式野球チーム 平井西ドリームス伊藤監督への取材と感想

東京都江戸川区も3月25日から春季の全日本大会が始まり、大会二日目の10日、市川橋河川敷球場お邪魔して、インタビュー去年インタビュが出来なかったチームにインタビューをお願いしました。

 

最盛期よりも少なくなったとは聞お聞きしましたが、70数チームが参加する、江戸川区の学童の大会は、沢山のチームに合うチャンスがある一大イベントです。

まず初めは、平井西ドリームスの伊藤監督さんにインタビューをお願いして快く受けていただきました。就任1年目のフレッシュな監督さんです。

チームを調べていくと昨年にユニフォームコレクションで、ユニフォームは紹介させていただいているチームだという事を発見いたしました。

baseball-uniform.hatenablog.jp

 

平井西ドリームズは平井西小学校を中心とした子供たち低学年13人、高学年13人、合計26人で今シーズンを戦います。

創立は2012年と新しいチームですが、チームのスローガン 「夢は見るものでなく、かなえるもの」 と同じく夢をつかみ取って欲しいものです。

 

インタビュー後記

就任1年目の伊藤監督さん、初めは話にくそうでしたが、インタビューが進むにつれリラックスして、色々お話ししていただけました。

江戸川区の学童野球チームは強豪ぞろいで勝ちぬくのも大変ですが、これからの活躍をお祈りしております。

 

お詫び:河川敷の鉄協での下のインタビューですので列車通過時の雑音が入り申し訳ございません。

LINE登録

目次
閉じる