和光リバーツインズ 高橋篤史監督インタビュー (埼玉県和光市)


今回は以前 J:COMチャンネルの放映の際に登場いただいた 埼玉県和光市の和光リバーツインズの高橋篤史監督さんの2度目のインタビューです。

わたしも、今回は和光市の学童野球のインタビューという事でお邪魔していたのでまさか再開できるとは考えておりませんでした。

第1回目のインタビューから2年半ほどたっていますので、その後の話をしながらインタビューに入りました。

保護者のお手伝いはあるのか?

特にありません

名称:和光リバーツインズ    チームのスローガン:礼儀・協調・努力
地域:埼玉県和光市 和光市立第三小学校・和光市立本町小学校

所属 :和光市軟式野球連盟チーム  設立:50年 

人数: Aチーム 14名 Cチーム 12名
監督:  コーチ18名 月会費 1000円/月

インタビュー後記

 

以前インタビューさせていただいた監督さんと会えるのは、最近全くなかったのでうれしいサプライズでした。

高橋監督、声がとても通る方なのであとで聞き直してもとても聞きやすいインタビューになりました

どんどん野球をしていく子供さんが少なくなっている中、野球チームとしても地域スポーツの指導者としてもチームを存続していくために野球だけでなく他のスポーツも取り入れるなど、和光市の学童野球チームが少しづつ変わっていく姿が見えてきました。

これは地域の特性や方針の違い、また学童軟式野球だけでなくリトルリーグなど他団体の絡みもあるので正解は場所によって違うと思うのですが、保護者の方のがある程度の選択できる環境を残しつづしっかり野球チームとして活動しているとの印象を持ちました。

以前のJ:COM チャンネルで放送されたインタビューのアーカイブです

:COMチャンネルkantoku.club 2018年1月前半放送分 #33

スポンサーリンク

人気記事

J:COM監督インタビュー

  1. 硬式野球ボールはどんな構造なの?どうやって製造しているのか? vol.1
  2. 軟式野球ボールの中のカラカラ音の原因は? 硬式テニスボールも?
  3. ヤクルトスワロースの始球式での恥ずかしい話【神宮球場編】
  4. 軟式野球ボールのモデルチェンジの開発にかかわった話
  5. 輸出用の軟式野球ボール(ローバウンズボール)からKボール・M号まで
  6. J:COMチャンネルkantoku.club 12月後半放送分 vol.32
  7. J:COMチャンネルkantoku.club 12月前半放送分 vol.31

カテゴリー

kantoku.clubツイッター

Facebook

問い合わせ先

読者登録

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
PAGE TOP