東京都江戸川区 葛西ファイターズ 平野Dチーム監督インタビュー |学童軟式野球

今回も葛西ファイターズの中学部に続き小学部Dチームの平野監督へのインタビューです。

 


先週は東京都江戸川区の「葛西ファイターズ」の中学部のインタビューでしたが、学童野球チームとしても65名という、大チームとして有名なチームです。

 

また、強豪揃っている江戸川区の中でも毎年、上位進出してるチームでもあります。

 

最近はこの人数をかかえるチームは少なくなりましたが、学童野球だけでも学年ごとにAからDまでの4チーム構成で、各チームに監督・コーチ・スコアラーが割り当てられています。

 

今回はその中でも低学年(3年生以下)の指導をされている平野監督に話を伺いました。平野監督はチーム全体のの副代表も務められています。

 

ちょうど、高学年の試合が行われている時にインタビューをお願いしました。

 

今回の撮影グラウンドは江戸川区宇喜田公園スポーツ広場

江戸川区の西葛西駅の近くの船堀街道沿いにあるスポーツ広場と一緒になっている野球場。有料駐車場が隣なので分かりやすく、アクセスが良い場所でした。

 

 

葛西ファイターズ 小学部    撮影場所 :宇喜多スポーツ公園
地域  東京都 江戸川区
所属リーグ  江戸川区学童少年軟式野球連盟
設立年月日  1974年 設立
監督・スタッフ   平野秀忠監督(9年) 吉田宏代表
チームの人数  高学年 26名 低学年 35名  合計61名
練習グラウンド  宇田川公園スポーツ広場・西葛西小学校
その他  小学校: 西葛西小学校・清新第一小学校 葛西地区管内の小学生なら入部可

インタビュー後記

学年ごとにチームを編成可能で、3,4,5,6年と別々のチームを組めるという事は、とても羨ましい環境だといえます。

現在の学童野球でこのような体制を整えることが出来るチームは数える程です。

 

また、平野監督が言われた練習の待ち時間を少なくする事も、とかく待ち時間が多い野球の練習を効率的に行うという点良いと思います。

 

野球以外の活動もしている子供のサポートや低学年の練習を短くするなど、強豪チームでも時代に合わせたスタイルチームを作りあげているのは、他のチームにも参考になると思います。

 

SDGs関して

中学部と同じチームですのでが学童もチームとしてもSDGsの考え方に賛同しているそうです。

 

SDGs」をこの年代から目標をもって、野球などの活動を通して目標に向かっていくことは、子供や保護者の両方に良い活動だと思います。

 

*ベースボール・ジャパンではインタビュー可能な監督を募集しております。現在、取材日は土曜日で関東地方が中心ですが、祭日でしたら他の地域もも可能な日がありますので連絡をお待ちしております。
ちなみに、費用はどのくらいかかるのですか? という質問を受けるのですが、費用はまったく掛かりません。

LINE登録

友だち追加
目次
閉じる