奈良県橿原市「畝傍南スカイホークス」小島監督インタビュー|学童軟式野球

先週に引き続き奈良県樫原市で行われた「ダイドードリンコ杯」での監督インタビューです。

 

奈良県軟式野球連盟傘下の129チームが出場する大会で最終日はベスト8が、7位決定戦、5位決定戦、3位決定戦、決勝戦の順番で行われます。

 

決勝戦は葛城市の「當麻ファイターズ」と「畝傍南スカイホークス」の決勝が行われたのですが、試合前の練習グラウンドでのインタビューをさせて頂きました。

 

今回の撮影は:  佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場)

奈良県の橿原神宮前駅から近く、橿原神宮の隣にある野球場です。歩いて橿原神宮行けるくらい近く高校野球も行われる球場です。ちなみに命名権の佐藤薬品ですがユンケルやサトちゃんの佐藤製薬とは違う会社です。

 

 

奈良県 畝傍南スカイホークス
地域  奈良県橿原市
所属リーグ  奈良県軟式野球連盟
設立年月日  創立40年
監督・スタッフ  小島監督(1年目)  
チームの人数  高学年 11名 低学年 4名
練習グラウンド  畝傍南小学校グラウンド
練習日  土日祭日 9:~17:00
出身小学校  畝傍南小学校

 

インタビュー後記

決勝は奈良テレビの中継車も来ており、試合直前の緊張の中のインタビューでしたが快くに受けて頂きました。

 

強豪チームなのですが、とても穏やかな感じでチーム運営をされているのが伝わってきて、決勝前でしたがチーム全体リラックスしている雰囲気が感じられました。

 

決勝はスカイホークスが5-4で決勝を制し見事優勝に輝きました。 残念ながら「當麻ファイターズ」をインタビュー出来る時間が作れずちょっと残念でした。

 

インタビュー内容

長瀬:監督のお名前とチーム名をお願いします。

 

監督
畝傍南スカイホークス監督の小島利英と申します

 

長瀬:普段の練習場所は?

 

 

監督
畝傍南小学校のグランドを使用しています

 

 

 

長瀬:監督に就任された経緯は?

 

監督

チームの子供と一緒に父兄としてチームの方に携わって、それからコーチを10年、今年はシーズン終わろうとしているのですが、1年目となってます

 

長瀬:チームにはずいぶん長く関わっておられるのですね?

 

監督
はい

 

 

 

長瀬:最近の主だった成績はいかがですか?

監督

ちょうど今年の6年生の子らが3年生の時にこのダイドードリンコ杯でベスト8に残ることがありました。 また昨年度県大会に初めて出場 にしました。

 

長瀬:チームのスローガンはありますか?

監督

スローガンとしてはあの大和魂というものを掲げていますが、これちょっと大きなとスローガンではあるんで、それを実際に子供達にはとにかく野球を好きであってほしい、一生懸命やるという事を徹底しています。

 

 

長瀬:月の部費はどのくらいですか?

監督
月3000円です

 

 

長瀬:泊りの合宿は行っていますか?

 

監督
しておりません

 

 

長瀬:普段の練習時間はどのくらい行っていますか?

監督
季節によって変わるんですが基本は9時から4時~5時ぐらいだね夕方まで です。

 

 

長瀬:チーム独特の練習は行っていますか?

監督

独特と言うか本当にもう基本ですもう基本です。捕球姿勢からバッティングフォームであったり守備の連携とかカバーリングとかねそういった事を徹底的にやっています。

 

 

長瀬:高校や大学で活躍した選手はいらっしゃいますか?

監督

今もうだいぶ年齢上がってるんですが当時は天理高校でレギュラーで甲子園に出た選手がチームの出身者としてはいてます。

 

 

 

長瀬:選手の集め方はどんなことをしていますか?

監督

ポスター協賛していただいているお店とか地域に貼らせて頂いているのが一点、後はあの定期的に体験会を開いてですねチームの案内みたいな感じでチラシを配ってます

 

コロナがあってですねあの今年はなかなか前半は主だった活動が活動出来なかったのですがですが10月に入ってあの予約再開してあの一回に3~4人ぐらいが来て頂いてるんでは興味は持っていただけているのかとは思ってます

 

特に子供等については子供同士で野球の好きな子を呼ぶようにというような形で行なっています。

 

長瀬:監督に就任して良かったことはありますか?

監督

まとにかく、一緒に子供達と一緒に野球を出来る言うんですかね、私はプレーは出来ないですが、戦略を立てたり反省したり共に喜んだそういったところだと共有できるって言うところが一番いい所だと思います。

 

 

 

長瀬:今、指導で悩んでいることはありますか?

監督

やっぱり子供の相手が子供ですね本当に理解してくれてるのかなっていうところから始まってですねどういう指導がいいのかなって今も日々 悩んでおります。

 

 

 

長瀬:これからどんなチームにしてい行きたいですか?

 

監督

まあ勝てばいいんでしょうけど、とにかくあのまた中学高校とまあそれ以上長いこと野球をしてもらえる、野球を好きであって欲しい。そのために基本的なことをしっかりと来たのマスターして貰いたいという所が本音の所です。

 

 

長瀬:卒団生、皆さん中学で野球を続けていますか?

監督

そうですねまぁ全員とは言いませんけどもも半数以上は続けてくれてると思っています。

長瀬:これから決勝戦という事で、健闘をお祈りしています

 

監督
ありがとうございます

 

*ベースボール・ジャパンではインタビュー可能な監督を募集しております。現在、取材。日は土曜日で関東地方が中心ですが、祭日でしたら他の地域もも可能な日がありますので連絡をお待ちしております。ねん

LINE登録

目次
閉じる