軟式野球の打ち方に関して!

今回は軟式ボールのバッティングについて触れてみたいと思います。
 会社の草野球チームなどで甲子園出場経験者などを試合に連れてきたものの、あまりに打てなくてガッカリした……そんな経験はありませんか?
 

硬式経験者の社会人の友人を連れてきて軟式野球をやったら凡打の山。「捕まえた!」と思ったボールはサードへの高いフライ。幾度となくそんなシーンを見ました。
 あるとき右打者である彼は左打席に立ちました。するとヒットを量産。あの高い内野フライも影をひそめました。
 

原因はインパクトにあるのではないかと思いました。硬式ボールを打つときは投手の投げたボールに負けないようにするためインパクトの瞬間押し込むようにするのです。
 ところがこの打ち方で軟式ボールを打つとボールに力が加わり過ぎてボールがつぶれてしまうのです。結果、ものすごい勢いで内野フライとなってしまうのです。
 これを慣れない左打席で打ったものですからボールはつぶれずきれいなヒットとなるのです。
 

硬式経験者が軟式ボールを打つポイントは柔らかく打つこと。これにつきると思います。しかしなかなか簡単に癖が治るわけでもないので、そんな時は逆の打席で打ってみる。これ、思った以上に効果がありますよ!

LINE登録

目次
閉じる