松戸市 さつきソフトボール子供会 長谷監督インタビュー


今回は、前回の松戸市立上本郷小学校で「北松戸風の子子供会」と同じグラウンド共用しているチーム 「さつきソフトボール」の長谷監督にお話を伺いました。

さつきソフトボール子供会は松戸市立上本郷小学校の生徒さんをメインとするチームで2017年度は低学年13名、高学年11名、合計24名でこのシーズンを戦っています。

長谷監督さん自身はラグビーをされていたそうですが、お子さんがソフトボールを始めたのを機会にコーチに就任、監督へとステップアップして18年間指導者をされているそうです。

ベテラン監督ですので、練習中でしたが突然のインタビューにもかかわらずとても冷静に話して頂きました。

インタビュー後記

松戸のソフトボールを見学させて頂いていると、ソフトボールを通じてとして子供達の人間形成や体力作りを目的としているチームが多いのが理解出来ました。

長谷監督が言われるように、今回松戸市のジュニアソフトボールチームを見学させて頂いていても、試合が出来ないくらいに人数が少ないチームもある様ですが、ソフトボールに限らず子供の団体スポーツのチームは年度により波がありますので、良い時期が来るまで、チームを存続させてソフトボールを盛り上げていって頂いた期待と思います。

また、私もこのサイトが少しでも、ジュニアソフトボールのコミュニティーの力になれればと思い、これからも取材を続けて参ります。

スポンサーリンク

人気記事

J:COM監督インタビュー

  1. 硬式野球ボールはどんな構造なの?どうやって製造しているのか? vol.1
  2. 軟式野球ボールの中のカラカラ音の原因は? 硬式テニスボールも?
  3. ヤクルトスワロースの始球式での恥ずかしい話【神宮球場編】
  4. 軟式野球ボールのモデルチェンジの開発にかかわった話
  5. 輸出用の軟式野球ボール(ローバウンズボール)からKボール・M号まで
  6. J:COMチャンネルkantoku.club 12月後半放送分 vol.32
  7. J:COMチャンネルkantoku.club 12月前半放送分 vol.31

カテゴリー

kantoku.clubツイッター

Facebook

問い合わせ先

読者登録

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
PAGE TOP